×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パキシル錠の効能と離脱症状

パキシル錠について

パキシルは、うつ病やパニック障害に処方される薬です。パキシルを服用すると、効果として脳内のセロトニンがアップして、気分が落ち着いたり、不安な気分がなくなったりします。ただし、パキシルの副作用も同時に注意しなければなりません。

 

一般的に、パキシルは副作用が比較的少ないとされていますが、服用をある日止めると、突然離脱症状が現れることもあります。しかし、少し現れても、その後少しずつ回復に向かっていきます。ところが、自己判断で突然パキシルを止めてしまうと、大きな禁断症状が現れることがあります。

 

気分がよくなったと思い、決して自己判断で止めることがないようにしてください。医師が少しずつ服用量を少なくして、止めるようにしてゆきますので、自分で勝手に行うのはやめましょう。離脱症状や禁断症状は、めまいやふらつき、知覚障害、不眠、疲労、あるいは嘔吐や頭痛といったことが起こります。パキシルは、よく効く薬ですが、使用法は医師の指示を必ず守るようにしてください。

 

パキシル 薬を使わずに鬱病を克服する方法はこちら


メンズコスメ